一緒に服用してはダメ | バイアグラを買う時は品質が確かな安全なものを選んでおきましょう

一緒に服用してはダメ

青い薬

バイアグラを始めとするED治療薬を服用する際には注意しないといけないことが多数存在しています。
その中でも特に注意が必要な物に「硝酸剤との併用」と言うものがあります。
この硝酸剤と呼ばれる医薬品は狭心症治療などに使用される医薬品で、私たちがよく見る物に「ニトログリセリン」と呼ばれる物が有りますが、この硝酸剤とED治療薬を同時に服用してはいけない理由として「服用時の効果が似ているから」というものがあります。
ED治療薬というのは服用することによって身体中の血管を拡張させる作用があります。
この作用が有るおかげで身体中に上手く血液が循環するようになり、EDの症状を治療することが出来たり、副作用として頭痛のような症状が現れたり、顔が火照るような感覚が現れることがあるのですが、この際、身体中の血管が拡張することによって身体中をスムーズに血液が流れるようになり、その結果血圧は普段よりも下がった状態になるのです。
そして、硝酸剤と呼ばれる医薬品もバイアグラのようなED治療薬と同じように身体中の血管を拡張させ、血液が身体中をスムーズに流れる状況を作り出すことが出来るのですが、ED治療薬と硝酸剤を同時に服用してしまうと、それぞれの薬が同時に作用してしまい、血圧が急激に低下、その結果生命活動の維持に必要な血液を充分に身体に流すことができなくなってしまうのです。
その為、バイアグラ等を服用する際には硝酸剤と呼ばれる医薬品を同時に服用しない、という事だけは絶対に忘れないようにしましょう。